ミュンヘンの聖母教会の探索

ミュンヘンの大聖堂であるミュンヘンの聖母教会は、1821年にミュンヘンの大司教が建てられ、1821年にフライジングされて以来、バイエルン南部の聖域の主要な教会と大聖堂となっています。聖母に捧げられた初期の教会の敷地は、およそ109メートル×40メートルで、その高い壁、明瞭な調音、そして装飾の欠如で注目に値します。 その巨大なサイズ、そして頑丈なドーム型タワー - 高さ100メートル、他の99メートルに達する - はそれをミュンヘンの最も有名なランドマークの1つにします。

ミュンヘン大聖堂:Interior Highlights

通路のあるフラウエン教会の内部は、高さ22角柱22本が2列に並んで1601年にルネサンス様式に改装されましたが、1858年にゴシック様式に改装されました。インテリア。 1520年からの実物大のセントクリストファーの像よりも大きなポーチから見ると、通路とサイドウィンドウは見えませんが、身廊の八角形の柱は壁のように見えます。 かつては聖歌隊の窓も高い祭壇に隠されていました。伝説によると、悪魔は大聖堂を見た後、窓から足を踏み入れることを忘れていたので、ポーチに印刷を残していました。それは今日でもまだ見られます。 他の内部のハイライトは1620年からのPeter Candidによる被昇天の祭壇画、洗礼堂の14世紀初頭の悲しみのキリストとのバロック様式のフォント、および1957年からのBlasius Sprengによる現代の説教壇を含みます。聖歌隊の中には、1971年からのHubertElsässerによる祭壇、1950年代からのJosef Henselmannによる聖歌隊アーチの十字架、そして1502年から遡るErasmus Grasserによる古い胸像と彫像があります。

大聖堂の多くの礼拝堂

聖母教会や使徒から地元の商売やギルドまで、20以上の教会があります。 ノースタワーの礼拝堂には1475年からの聖母とパトロンの素敵な安堵があり、アポロニアの礼拝堂には1981年に追加されたハンス・ヴィマーによる枢機卿・ドップナーへの現代の墓碑があります。 七つの悲しみのチャペルにはステンドグラスの窓であるマリアの七つの悲しみがありますが、貴族のバース家の印象的な大理石の三部作と一緒に、旧合唱団の屋台から回収された木造の使徒と預言者1959年に追加されました。

メイン合唱団礼拝堂には、1500年頃にJan Polackによってミュンヘンから来た後援者とSanftl家族と一緒に慈悲の聖母の絵画、1493年からAndlauのPeter Hemmelによるステンドグラスと1774年からIgnazGüntherによるレリーフがあります。 チャペルでは、1601年に建てられた聖ベンノの遺跡や銀像、そして15世紀の聖アグネスと聖セバスチャンの生活の中のシーンが描かれたステンドグラスを見つけることができます。 1628年のUlrich LothによるMagiの興味深い祭壇画と、後期ゴシック様式のステンドグラスです。

その他の注目すべき礼拝堂には、 セントアンネ礼拝堂とセントジョージ礼拝堂、そして 16世紀に建てられたSaints RassoとGeorgeの人物像と1500年頃からの受胎告知を描いた素晴らしいステンドグラスの窓があります。 同じく1500年代初頭からのStrigelによるMemminger祭壇からの並外れた絵と、同じ時代からの聖キャサリンの殉教者の注目すべきステンドグラスの窓があるSacramental Chapel 。 1483年からのフリードリッヒパッハによる絵画とキリストの洗礼といくつかの素晴らしいステンドグラスと聖セバスチャンの礼拝堂

注目すべき墓

南バイエルンの主要教会としてのその重要な役割を考えると、ミュンヘンの聖母教会は長い間この地域で最も有名な歴史上の人物の何人かの最後の休憩場所となっています。 1952年のFaulhaber大司教、1960年のJoseph Cardinal Wendel、1976年のJulius CardinalDöpfnerの墓など、これらの墓の多くは、裕福なWittelsbach家の多くのメンバーと共に、地下室で発見される予定です。大聖堂の主要部にある礼拝堂によく知られています。 注目すべき例には、1622年に黒い大理石で建てられたデュークヴィルヘルム4世とアルブレヒト5世の壮大な銅像、そして4つの角にはヒューバート製の鎧で覆われたスタンダードベアラーがあります。ゲルハルト サウスタワー礼拝堂にはフラウエン教会の建築家ヨルク・ハルスパッハ(Ganghoferとして知られる)の墓があり、ノースタワー礼拝堂には1476年からのトゥルベック墓があります。また、14世紀の貴族リグザルツ家の墓石もありますImmaculataのチャペル。

ミュンヘンの聖母教会のツーリング

ミュンヘンの聖母大聖堂 - 聖母大聖堂 - は、建物の1時間のツアーを提供しています。 大聖堂ツアーは、ミュンヘン教育研究所のスタッフによって行われ、火曜日、木曜日、および日曜日の午後2時に5月から10月まで開催されます。 すべてのツアーはオルガンロフトから始まります。 時々聖書をテーマにしたツアーが行われ、それぞれ45分続き、大聖堂の特定のエリアに焦点を当てています(入場無料)。 大聖堂もミュンヘンの観光スポットの多くのプライベートツアーの定番です。

ヒントと戦術:ミュンヘンの聖母教会への訪問を最大限に活用する方法

大聖堂へのアクセスを最大限に活用するには、次のヒントと戦略を参考にしてください。

  • サービス:訪問者は聖なるミサ(朝と夕方)と正午の祈りを含む大聖堂の毎日のサービスに参加することが歓迎されています。
  • 特別見学: 8月に訪問する場合は、毎週月曜日の午前11時に教会スタッフが正午の祈りの前に島の祭壇を開いて見ています(入場無料)。
  • ショッピング: 4月から10月にかけて、サウスタワーチャペルには小さなお店がオープンし、様々な宗教品やお土産を売っています。
  • コンサート:大聖堂では頻繁にコンサートやオルガンのリサイタルが開かれるので、訪問の際には時間と空席状況を必ず確認してください(入場料は異なります)。

聖母教会への行き方

  • 徒歩 :ミュンヘンの大聖堂は、市内中心部のFrauenplatz 12という便利な場所にあり、市内の主要観光スポットの多くに至近です。
  • 地下鉄/ Uバーンで :大聖堂は、UバーンMarienplatz駅からアクセスできます(電車U3 U6を探してください)。
  • バスと路面電車で :大聖堂はバスやトラムを含む陸路の公共交通機関でアクセス可能です。
  • 列車で :ミュンヘンの主要鉄道駅はミュンヘン中央駅 - ヨーロッパで最も忙しい駅の一つです。 ここから、聖母教会まで徒歩約14分です。
  • 道路で:ほとんどのヨーロッパの主要都市と同様に、ミュンヘンの旧市街の多くは歩行者専用道路です。 運転が必須の場合は、市内の郊外に駐車し、公共交通機関を利用してください。
  • 駐車場:路上駐車場はほとんどなく、公共の駐車場は混雑しており、費用がかかります。

住所

Frauenplatz 12、80331ミュンヘン、ドイツ

何が近くにありますか?

ミュンヘンの常に賑やかな旧市街地区の中心部に位置するFrauenkircheは、市内の他の主要な見どころ、数多くの素晴らしいレストラン、ホテル、歩行者に優しいショッピングの機会の近くにあります。 何世紀にもわたるミュンヘンの中央広場で、19世紀から20世紀にかけての素晴らしい建物が建ち並ぶマリエン広場 、1638年に建てられた有名なバージンの柱マリエンシュール)などの見どころには、徒歩圏内にミュンヘンとランツフートがあります。 1632年のスウェーデンの占領地。14世紀初頭にバイエルンのルートヴィヒによって建てられた近くのミュンヘンで唯一のゲートタワーと要塞の一部であるIsartor 、および新しい市庁舎が展示されています。ミュンヘンの豊かな歴史

 

コメントを残します