モレリアのトップ10の観光名所

ミチョアカン州の壮大な首都モレリアは、メキシコシティとメキシコの2大都市、グアダラハラの間にあるリオグランデデモレリアのほとりにあります。 1541年にネイティブのタラスカ帝国を征服したスペイン人によって定住したモレリアは、植民地時代の著名な町の特徴を維持することに成功しました。 あなたが一晩滞在するか、または長い休暇のために選ぶかどうか、街はあなたを喜ばせるでしょう、その美しいメイン広場とPlaza de losMártiresとその素晴らしいアーケードとテラスのようなハイライトのおかげで。 もう一つの建築宝石は、独立の歴史とメキシコの革命を描いたネイティブアーティストAlfredo Zalceによる巨大な壁画を持つバロック様式のPalacio de Gobiernoです。 今ユネスコの世界遺産、モレリアの歴史的な市内中心部と素晴らしい植民地時代の建物は探索する価値があります。

1.モレリア大聖堂

街のスカイラインを独占している壮大なモレリア大聖堂は、この古き良き植民地時代の街を訪れる際には必見です。 街の美しいメイン広場にあるこの巨大な建物は、その大きさだけではなく、その独特のピンクがかった茶色の色でも知られています。 建設は1640年に始まりましたが、大聖堂が印象的なアズレージョで装飾されたドームで現在の大部分がバロック様式で完成するまでに100年以上かかりました。 内部のハイライトはその新古典主義のretablos、銀のフォント、ManuelTolsáによる十字架、そしてJuanRodríguezJuárez、JoséMaria de Ibarra、そしてMiguel Cabreraを含む18世紀の一流の芸術家によるものです。 また興味深いのは、スペインのフィリップ2世によって寄贈された黄金の冠をかぶったインドのキリスト像、そして1903年にドイツで建てられた印象的なオルガンで、市内の国際オルガンやミュージックフェスティバルで紹介されています。

住所:Av Francisco I. Madero Pte。 S / N、セントロ、58000モレリア、MICH

2.政府宮殿

Avenida Madero Orienteの向かい側、 モレリア大聖堂の真向かいには、大きなバロック様式の政府宮殿(Palacio de Gobierno)があります。 1760年から1770年の間に神学校として建設されたこの2階建ての建物は現在、州議会の本拠地であり、市内で最も素晴らしいファサードの1つと3つの大きな中庭があります。 特に興味深いのは、メキシコで最も有名なネイティブアーティストの一人であるAlfredo Zalceが1960年代に描いた建物の上質な壁画です。 これらの巨大なシーンは、スペインからの独立とその後の改革、そしてメキシコ革命を含む、州と国の重要な瞬間の多くを描いています。

住所:Avenida Madero Poniente、#63、モレリア

3. Santuario de Guadalupe

その外観が少し平野に見えるという事実が、あなたが地元でSantuario de NuestraSeñorade Guadalupeとして知られているGuadalupeの聖母の聖域を訪れるのを妨げないようにしてください。 この18世紀の教会に通じる長い石畳の道を歩いた後、頭を中にポップすると、メキシコで最も壮観な教会の内部の一見を垣間見ることができます。 広く国宝として見なされて、内部は金箔で覆われた天井まで壁を登って無数の素晴らしい石膏ロゼットを含むヨーロッパ人とネイティブの職人によって最も明るい色で豪華に装飾されました。 この素晴らしい建物を埋め尽くしたら、1540年頃に建てられた近くの聖フランシスコ教会と街で最も古い霊廟の建物を訪れてください。 注目すべきは、Plateresqueの要素を備えたルネッサンス様式で建てられたエントランスファサードと、その小さなドームがアズレージョで覆われた鐘楼です。

住所:Vasco de Quiroga、モレリア、MICH

4.クラビジェロパレス

市内の古い大学の一部であるColegio de SanNicolásの向かいには、巨大なClavijero宮殿とその広い中庭があります。 イエズス会教師フランシスコ・ハビエル・デ・クラビジェロにちなんで名付けられたこの巨大な複合施設の一部は、現在1681年に建てられたイエズス会教会で、現在は市の公共図書館(BibliotecaPública)を収容しています。 砂糖漬けのココナッツ、甘い果物や野菜、伝統的な地元の手工芸品などの甘いもので有名な、甘い市場としても知られているMercado de Dulcesは、特に甘い歯がある人にとっては興味深いものです。

5.サンタローザデリマ教会

訪問に値するモレリアのもう一つの宗教的な場所は、中心街からそれほど遠くない魅力的な小さな広場に隠されたサンタローザデリマ教会です。 16世紀後半に建てられたこの教会は、ルネサンスの影響を示す素晴らしいダブルポータルで有名です。一方、上部正面と金色の塗装されたretablosはChurrigueresque形式のバロック様式が主流です。 アメリカで最も古い音楽大学である音楽院が教会に隣接しています。

住所:Santiago Tapia、#334、モレリア

6.モレリア水路

モレリア水路(El Acueducto)は、街で最も重要なランドマークの一つであり、世界でも最もよく保存されているそのタイプの例の1つです。 旧市街の東部では、この驚くべきエンジニアリングの偉業は1785年から1789年の間に建てられ、全長1, 600メートルで、253本のアーチで支えられています。 地元で採石された岩石を使ったユニークなピンクの色合いが特徴のこの建物は、2年間の干ばつの後に飲料水を市内に運び、地域の先住民に雇用を提供するよう依頼されました。 水路の最高の景色のいくつかは、それの長い部分と並んで走る石畳の道からのもので、夜のライトアップ時には特に楽しい経験です。

文化の家とデルカルメン修道院

17世紀初頭のデルカルメン教会の近くにあるモレリアの文化院(Casa de la Cultura)は、メキシコのカトリック信仰の歴史に興味を持っている人には必見です。 博物館自体は教会に隣接する大きな元カルメル会修道院の中にあり、16世紀後半に始まった建物で、完成までには約300年かかりました。 複合施設の大部分は完全に修復されており、その多くの考古学的な品物、仮面博物館の美しい展示物そしてメキシコ各地からのキリストの彫像がある文化の家に加えて、この施設では劇場とカフェ。

住所:Avenida Morelos Norte 485、Morelia

8.モレリアの歴史的中心部:アルマス広場

モレリアは、1541年の創設以来、歴史的な市内中心部のレイアウトと建築構造にほとんど変化が見られなかったことで、メキシコでユニークです。ダウンタウンの中心部にあるユネスコ世界遺産に登録された市内最大の広場であるプラザデアルマスとその周辺で見つけることができます。 16世紀に設計され、改名されるよりはるかに少ない回数で改造されました - それはここで行われた死刑執行を記念した殉教者の広場Plaza de losMártires)として知られる呪文のためのものです - それはここにありますそこには、旧市庁舎や数多くのカフェやレストランがあり、その多くから公園や大聖堂の素晴らしい景色を眺めることができます。

9.都市のヒーロー:JoseMaríaMorelos

モレリアの旧市街にある2つの建物は現在、独立の英雄と街の名前の由来であるJoseMaríaMorelosの記念に捧げられています。 メキシコで最も偉大な英雄の一人に対するこれらの印象的な記念碑の1つは、 Casa Natal de Morelosです。これは、Morelosが生まれた家と同じくらい要塞のように見えます。 Corregidora yGarcíaObesoの角にあるこの美術館は、彼の人生や行動に関する手紙やその他の記念品を展示しています。 訪問するもう一つの観光名所は、モレロスの武器、ユニフォーム、司祭のローブ、書類、そして隣接する図書館と講堂の展示がある、アヴ・モレロス323の故郷のモセロス美術館です。 また興味深いのは、モレロスの素晴らしい像が丘の上にマウントされ、 プラザモレロス (他の場所)にあることです。

10.ミチョアカン地方博物館

かつては皇帝マクシミリアン1世に属していた18世紀半ばの美しいバロック様式の建物の中にあり、ミチョアカン地方博物館(Museo Regional deMichoacán)は市内で必見の美術館のひとつです。 1886年に設立され、その大規模なコレクションは、スペインの植民地時代からのファイン絵画、武器、そして家具だけでなく、多くの重要なコロンブス以前の遺物を含んでいます。 地元のネイティブアーティストAlfredo Zalce、Grace Greenwood、FedericoCantúによって描かれた、建物の階段の大きな壁画も興味深いです。 特に注目すべきは、街の植民地時代からの最高級の絵画であると信じられているTraslado de las Monjasです。 もう1つの見る価値のあるコレクションは、州の歴史、考古学、民族学、そしてインドのコスチューム、貴石、鉱物のコレクションに関する展示がある州立博物館 (Museo del Estado)にあります。

観光のためにモレリアに滞在する場所

私たちは、モレリアの市内で最も人気のある観光名所に近いこれらのユニークなホテルをお勧めします。

  • Hotel de la Soledad:豪華な18世紀の邸宅、刺激的な環境、噴水のある美しい中庭、石のアクセントの壁。
  • Hotel Horizo​​n Morelia:3つ星ホテル、モダンなインテリア、ホットタブ、空港シャトルバス。
  • Alameda Centro Historico Hotel:中価格帯、絶好のロケーション、照らされた中庭、無料のビュッフェ式朝食。
  • Casa Jose Maria Hotel:お手頃な料金、親切なスタッフ、ファミリールーム、無料駐車場。
 

コメントを残します