マニトバ州のトップ10の観光名所

カナダ中部に位置するマニトバは観光地として見落とされがちですが、州を探索するのに時間がかかる人は、野生のホッキョクグマを見たり、フランスのカナダの歴史を祝う冬の祭りを楽しんだりすることができます。 ウィニペグ湖周辺のビーチや数多くの州立公園は、この大草原地方の夏の暑い日からの素晴らしい隠れ家を提供しています。 文化的なアトラクションや街の娯楽のために、州都のウィニペグを倒すのは難しいです。

1.フォーク

ウィニペグのダウンタウンの中心部近くのレッド川とアシニボイン川の交差点に位置するフォークスは、夏になるのと冬には同じように楽しい場所です。 復元された歴史的建造物には、ユニークなお店、レストラン、カジュアルな屋台が並ぶ素敵なマーケットエリアがあります。 一部のレストランでは、川を見渡す屋外パティオと川に沿って走る歩道を利用できます。 冬には、家族連れに特に人気のある屋外スケートリンクがあります。 また、フォークスに位置するのは、 マニトバチルドレンズミュージアムと、待望のカナダ人権博物館です

宿泊施設:ウィニペグに滞在する場所

2.チャーチルのホッキョクグマ

チャーチルは、「世界のホッキョクグマの首都」として広く知られており、ハドソン湾の険しい岩石の多い海岸にあります。 秋には、ホッキョクグマが湾の流氷をさまよってアザラシを狩り、町は世界中から訪れる人々がこれらの素晴らしい動物を見るためにやって来ます。 ツンドラバギーのツアー - ケージ付きの窓付きの巨大な大型車 - で、来場者はクマとの出会いを締めくくることができます。

イヌイットの芸術作品や紀元前1700年からドーセット文化やトゥール文化を経て現在に至るまで展示されている優れたエスキモー美術館もあります。 1700年代にハドソンズベイ社によって建設されたフォートプリンスオブウェールズ国定史跡は、7月と8月の間に訪れることができ、ボートで行くことができます。 夜間に応じて、訪問者はオーロラのディスプレイを体験するのに十分幸運であるかもしれません。

滞在先:チャーチルでの滞在先

3.カナダ人権博物館

カナダ人権博物館は、ウィニペグの最新の大きな魅力であり、カナダの国立博物館への重要な追加です。 何年もの間、博物館を含む建物はカナダの風景を基にしたデザインのユニークで際立った建物です。 美術館は人権問題の物語をさまざまな視点から語るさまざまなテーマに焦点を当てています。 どのストーリーが伝えられるかを決定することは、計画段階の間に多くの緊張と論争のもとになりました。 この博物館が非常に多くの人々にとっていかに重要であるかの証。

公式サイト://humanrights.ca/

4.グランドビーチ

Grand Beach Provincial Parkは、ウィニペグ湖のほとりに広がる広大な柔らかい砂浜のビーチです。 カナダで最も素敵なビーチの1つで、夏の暑い時期に街から逃れようとしている日光浴をしている人やキャンピングカーのためのホットスポットです。 これはマニトバ州のビーチでの経験が満載です。

ウィニペグから車で約1時間のところにあり、モーテルやコテージのレンタルなど、このエリアにはさまざまな宿泊施設があります。 カジュアルな食事や娯楽を提供する場所もあります。

5.ライディングマウンテン国立公園

一年中アクセス可能なこの美しい公園は、レクリエーションエリアと自然保護区の組み合わせで、プレーリー、森林、見事な澄んだ湖や小川など、さまざまな風景があります。 公園は約340メートルの高さに上昇する一連の高原が穏やかな丘、牧草地、そして湖の周囲の大草原を見下ろす、氷河の形をしたマニトバの断崖の一部に広がっています。

クリアレイクキャサリン ディープレイクなどのライディングマウンテンの寒い深い湖は、人気のある釣りスポットです。 552ヘクタールの囲いの中を自由に歩き回る水牛の群れ、オーディ湖の近く。 動物が彼らの自然環境の中で観察されることができる見張りがあります。 クマ、オオカミ、ヘラジカ、そしてシカも公園に生息しています。 公園内には数多くのウォーキングコースやサイクリングコースがあります。 1つの道は、1920年代初頭に、その地域の野生生物についての本を書いた、イギリスの自然主義者、 グレイフクロウに以前属していた丸太小屋に通じます。

公式サイト://www.pc.gc.ca/eng/pn-np/mb/riding/index.aspx

ライディングマウンテン国立公園近郊の宿泊施設

6.ギムリのマニトバアイスランドフェスティバル

Gimliはウィニペグから北へ車で約1時間の小さな町で、ウィニペグ湖のほとりにあります。 夏には、ビーチを楽しむために訪問者やコテージがこの地域に集まるので、Gimliが活気づきます。 毎年恒例のハイライトの1つは、 Islendingadagurinnとして知られるアイスランドのマニトバの祭りで 、8月の初めの長い週末にかけて開催されます。 祭りは子供と大人のためのあらゆる種類の活動や娯楽を持つ誰にとっても楽しいイベントです。

公式サイト://www.icelandicfestival.com/

7.ホワイトシェル州立公園

ウィニペグから東へ車で約1.5時間のところにホワイトシェル州立公園があります。 丘、湖、谷、森林、川など、カナダ盾の典型的な風景です。 ムース、シカ、クロクマが公園に生息しています。 コテージは湖の多くの海岸線に点在していますが、荒野の地域の大部分は邪魔されていません。 さらに東にあるファルコン湖ウェストホーク湖のリゾート地では、すばらしいビーチ、セーリング、水上スキーを楽しめます。 Whiteshellは、街の暑さから逃れて湖のそばで過ごすことを目指しているWinnipeggersの夏の人気スポットです。

8.フェスティバルデュボヤジュール

マニトバの冬の最高のイベントの1つは、白樺の樹皮のカヌーで毛皮を運んだフランス人の航海者を祝うフェスティバルデュボヤジュールです。 フェスティバルは毎年2月にウィニペグのフランス語圏の聖ボニフェスで行われます。 ゲームから雪の彫刻のコンクール、そして伝統的なフランスの音楽や料理、その他屋外のテントで行われる娯楽まで、あらゆる種類の屋外イベントがあります。 この時期の寒い天候にもかかわらず、このイベントには大勢の人が訪れます。

公式サイト://festivalvoyageur.mb.ca/en/

9.シュタインバッハのメノナイト村

シュタインバッハのメノナイトヘリテージビレッジは、16世紀から今日までのメノナイトの生活を再現しています。 17ヘクタールに広がる20以上の家具付きの建物があり、このような村がマニトバ南部のいたるところに見られることがあります。 敷地内で最も有名な建造物の1つは、高速道路から見ることができる大きな風車です。 地元で作られた手作りのアイテムを含むさまざまなアイテムを販売するサイトが店にあります。

住所:231 PTH 12N、シュタインバッハ

公式サイト://www.mennoniteheritagevillage.com/

10.ローワーフォートギャリー国立史跡

セルカーク郊外のフォートギャリー国立歴史公園は、その中心的存在として、毛皮交易時代からの唯一の石造りの砦で、北米のどこでも無傷で生き残ることができます。 ローワーフォートギャリーは1830年代にハドソンズベイ社によって建てられ、毛皮取引の重要な中心地となり、ノースウエスト準州の探検の拠点として機能しました。 後年、ローワーフォートギャリーはロイヤルカナディアンマウントマウントポリス、刑務所、精神機関、そして本社の訓練キャンプとして引き続き使用されました。

この砦は、カナダ国内から、そしてイギリスとアメリカから、何年にもわたって骨の折れるように集められた時代物の家具と家庭用品を展示しています。 コスチュームパークカナダの従業員は、砦の初期の住民の役割を演じます。 訪問者は「知事」とその妻、そしてさまざまな従業員や国内スタッフと話すことができます。 その結果、毛皮交易界の生活の複雑さが鮮やかに感じられます。

毛皮が保管されている建物には、あらゆる種類の毛皮のサンプルが展示されています。ハドソンズベイ社のショップには、衣料品や家庭用品からビーズ、馬鈴、罠、毛布まで、すべてが揃っています。

住所:5925 Hwy 9、St. Andrews

公式サイト://www.pc.gc.ca/lhn-nhs/mb/fortgarry/index.aspx
 

コメントを残します