迷ったらこれ!地域別お土産ランキング中国・四国編

岡山の倉敷や、広島の厳島神社、四国の道後温泉など、中国・四国地方は観光名所が多い地域です。そして、楽しい旅行の帰り時に悩むのが、お土産です。できたら美味しくてセンスの良いものを選びたいのが本音ですが、どれを選んだら分からないという人も多いと思います。
今回は自転車で日本を一周した筆者がおすすめする、中国・四国のお土産をご紹介します。

■もみじ饅頭(広島)
広島土産と言えば、今も昔も「もみじ饅頭」です。カステラ生地にこしあんを包んだものが主流ですが、最近では「お芋」「チーズクリーム」「チョコレート」など、バリエーションが増えています。食べる時は少しオーブントースターで温めて食べるのがおすすめ、表面がカリッとなって美味しいですよ。

■岡山新土産「ももたん」(岡山)
可愛いパッケージに包まれた岡山の新土産「ももたん」は、バニラビーンズを加えたバニラアイス風味のケーキで、フルーツ風味の白あんを包み込んだお菓子です。とにかくパッケージが可愛いので、若い人にもウケが良さそうです。味は「フルーツパフェ味」「バター味」など。期間限定で「マハラジャカレーマサラ味」などの不思議な味も登場しています。

■六時屋タルト(愛媛)
ふんわり焼き上げたカステラ生地で、100%北海道産のこしあんを包み込んだ六時屋のタルトは、昭和天皇・皇后両陛下にも御用命された品。あんからは、ほんのりゆずの香りが香ります。
切り分けられたものが主流ですが、まるまる1本のものも発売されているので、気にいった方はこちらをどうぞ。

■土佐銘菓「かんざし」(高知)
年間450万個を売り上げる高知銘菓の「かんざし」は、ゆずの香りがする白あんをマドレーヌ生地で包んだお菓子です。アルミホイルに包まれて販売されており、冬場はそのままオーブントースターで温めて、夏場は冷やして食べても美味しいお菓子です。

■鳳月坊「鳴門っ娘」(徳島)
徳島からは、特産品の鳴門金時を使ったお菓子をご紹介。姿は本物そっくりで、皮を剥いて食べようとした人がいたという逸話を持つほど。原材料はさつまいも、和三盆糖、紫芋粉末のみで、観光庁主催の「世界にも通用する究極のお土産9選」にも選ばれました。

この中でも、もみじ饅頭は定番中の定番ですが、筆者は毎回美味しいなぁと感じてしまいます。この他にも様々な商品が販売されていますので、ぜひ色々と試したうえで美味しいお土産を見つけてくださいね。

関連記事

  1. 体験するから楽しさ倍増!個性溢れる海外現地ツアーが気になる!

  2. 乾燥シーズン突入!泥でミネラルたっぷり&しっとり”女のうるる旅”はいかが?

  3. 2015年度の日本三大夜景が決定!今見るべき夜景はココだ!

  4. 宮崎県ってどんなところ?癒しの国、オススメの観光スポットはここだ!

  5. 2016紅葉狩りへ行くなら絶対ここ!日本三名園で雪月花を楽しむ

  6. 『みんなどうしてる?旅先での洗濯&クリーニング利用術』

  7. 長崎ハウステンボスリゾート観光6つの王国~ゲーム、光、ロボットと科学の世界へ

  8. 旅先でクレジットカードを使う?使わない?

  9. 100均でそろっちゃう!トランクの中でも飛行機の中でも持ち歩きにも大活躍の便利グッズ

RANKING

PAGE TOP