迷ったらこれ!地域別お土産ランキング中国・四国編

岡山の倉敷や、広島の厳島神社、四国の道後温泉など、中国・四国地方は観光名所が多い地域です。そして、楽しい旅行の帰り時に悩むのが、お土産です。できたら美味しくてセンスの良いものを選びたいのが本音ですが、どれを選んだら分からないという人も多いと思います。
今回は自転車で日本を一周した筆者がおすすめする、中国・四国のお土産をご紹介します。

■もみじ饅頭(広島)
広島土産と言えば、今も昔も「もみじ饅頭」です。カステラ生地にこしあんを包んだものが主流ですが、最近では「お芋」「チーズクリーム」「チョコレート」など、バリエーションが増えています。食べる時は少しオーブントースターで温めて食べるのがおすすめ、表面がカリッとなって美味しいですよ。

■岡山新土産「ももたん」(岡山)
可愛いパッケージに包まれた岡山の新土産「ももたん」は、バニラビーンズを加えたバニラアイス風味のケーキで、フルーツ風味の白あんを包み込んだお菓子です。とにかくパッケージが可愛いので、若い人にもウケが良さそうです。味は「フルーツパフェ味」「バター味」など。期間限定で「マハラジャカレーマサラ味」などの不思議な味も登場しています。

■六時屋タルト(愛媛)
ふんわり焼き上げたカステラ生地で、100%北海道産のこしあんを包み込んだ六時屋のタルトは、昭和天皇・皇后両陛下にも御用命された品。あんからは、ほんのりゆずの香りが香ります。
切り分けられたものが主流ですが、まるまる1本のものも発売されているので、気にいった方はこちらをどうぞ。

■土佐銘菓「かんざし」(高知)
年間450万個を売り上げる高知銘菓の「かんざし」は、ゆずの香りがする白あんをマドレーヌ生地で包んだお菓子です。アルミホイルに包まれて販売されており、冬場はそのままオーブントースターで温めて、夏場は冷やして食べても美味しいお菓子です。

■鳳月坊「鳴門っ娘」(徳島)
徳島からは、特産品の鳴門金時を使ったお菓子をご紹介。姿は本物そっくりで、皮を剥いて食べようとした人がいたという逸話を持つほど。原材料はさつまいも、和三盆糖、紫芋粉末のみで、観光庁主催の「世界にも通用する究極のお土産9選」にも選ばれました。

この中でも、もみじ饅頭は定番中の定番ですが、筆者は毎回美味しいなぁと感じてしまいます。この他にも様々な商品が販売されていますので、ぜひ色々と試したうえで美味しいお土産を見つけてくださいね。

関連記事

  1. 日本上陸前に食べておきたい!次に流行りそうな海外の絶品スイーツ5種

  2. 海外旅行に何度も行って「やっぱり使った」便利グッズ9選

  3. 世界遺産屋久島の旅、厳選の観光スポット3選

  4. ウィスキー生産地の竹鶴、響、富士山麓。大人の遠足に出かけませんか?

  5. 旅館の醍醐味。あなたは浴衣、着る?着ない?

  6. 九州旅行なら穴場の佐賀空港がオススメ!周辺の観光スポット3選

  7. 海の仲間たちをもっと身近に!「大分マリーンパレス うみたまご」

  8. 1年に1度は行く!?国内旅行アンケート!

  9. 企業城下町とは?旭化成発祥の地「延岡」をオススメしたい3つの理由

RANKING

PAGE TOP