海外旅行に何度も行って「やっぱり使った」便利グッズ9選

「海外旅行が年に一度の楽しみ」という人から「初めての海外旅行」という人まで。
国内旅行と比べると、時間もお金も準備が必要となるので経験の差はあるものです。

そこで、海外旅行のベテランが「やっぱり必要」と感じた便利グッズをご紹介します。

何度も経験がある海外旅行で生まれた便利グッズは、選びぬかれた厳選アイテム。
初めての人も、荷物にプラスしておくと役に立ってくれるでしょう。

マスク

海外旅行での”足”となる飛行機。距離もあるぶん機内での時間の過ごし方も大切です。
季節を問わず、長時間機内にいると乾燥が気になるもの。そこでマスクが役に立ってきます。

外からのホコリやチリを防ぐだけでなく、ホテルでの就寝でも乾燥対策に便利です。

変換プラグ

海外旅行といえば、やはり心配なのが充電や電化製品のコンセント。
せっかく充電コードを持ってきたのに、コンセントが対応していなかったらガッカリです。

海外旅行なら、ソケット変換プラグも忘れずに用意しましょう。

目覚まし時計

意外に現地で不便を感じるのが、目覚まし時計です。
ベッドサイドやフロントで目覚ましの登録や予約はできますが、外国語が読めなかったり話せず苦労することも…。

今では、小さな目覚まし時計も安くてに入るので一つ用意しておくと良いでしょう。

折り紙

「チップ」という文化がない日本ですが、海外旅行に行くならチップの大切さも勉強済み。
さらに、日本人のおもてなしとして折り紙も喜ばれます。

日本では安価で用意できますが、簡単に折れる鶴でも海外では人気抜群。
コミュニケーションの出会いを楽しみたいなら、ぜひおすすめします。

安全ピン

防犯対策として、人気なのが安全ピン。
バッグのファスナーにつけるだけで万が一のときに、抑止効果が働いてくれます。

他にも、洋服がほつれたりボタン付けの緊急対策に役立ってくれるので、
小さな安全ピンをいくつか用意しておきましょう。

消臭スプレー

特に、初めて訪れる国や海外旅行初心者が気になるのが「匂い」です。
独特の匂いに慣れるのに時間がかかったり、洗濯できなかった洋服の臭いも気になるところ。

そこで、普段の生活でお馴染みの消臭スプレーが役に立ってくれます。
中には香りだけでなく、除菌効果をもつタイプもあるのでおすすめです。

スリッパ

「靴を脱ぐ」という日本文化も海外では違うことも。
靴を履いたまま部屋で過ごすのが「海外旅行」として楽しめる反面、なんだか落ち着かないと
感じる場合があります。

例えば、寝る前のリラックスタイムなどでは、スリッパがあると便利でしょう。

食品保存パック

ジッパータイプの食品保存パックは、濡れた下着や水着、服を入れるのはもちろん、
貝殻や葉っぱ、樹の枝などの思い出の品などで、バックが汚れたりしないようにできます。

「買う」でなく「見つける」お土産も用意したい人は、覚えておくと良いでしょう。

割り箸

改めて日本を離れて不便さを感じるのが、ナイフとフォークの使い方です。

お箸を離れて、その国の料理を楽しむのも海外旅行の醍醐味ですが、
部屋でちょっと小腹がすいた時には、ストレスのかからないお箸が便利。
割り箸も数本用意しておくといいでしょう。

最後に

日本と違う文化や習慣に触れるのも、海外旅行の魅力です。
とは言え、その違いがストレスになってしまってはもったいないですよね。

便利グッズは役立つアイテムだけでなく、どこか日本を思い出させるアイテムでもあります。
緊張やストレスを軽減させて、リラックスするのにも効果的かもしれないですね。

関連記事

  1. 北海道(釧路)から東京(羽田)まで最安値で行くと高級旅館に1泊できる程お金が節約できます

  2. 気を遣うのが疲れた人必読!自由気ままなひとり旅を楽しむための3つの質問

  3. がんばっぺ東北!福島・宮城・岩手復興の旅

  4. 『裏ベストシーズン?2月の旅先は冬ならではの魅力溢れるイタリアにキマリ。』

  5. 金鯱だけが売りではない!名古屋城は信長が認めた機能美にあふれるお城

  6. 高知観光は「龍馬パスポート」を持っておトクに旅しよう

  7. 【大人女子必見】 旅行が1000倍楽しくなる!ビジネスクラスの活用法

  8. 長崎ハウステンボスリゾート観光6つの王国~花、音、美と感性の世界へ

  9. 初心者に教えたい、LCCをオトクに便利に使うための5つのポイント

RANKING

PAGE TOP