日本新三大夜景といえば?! 長崎市稲佐山、鍋冠山、大浦展望公園で日本一の夜景を楽しもう!

日本新三大夜景とは、神戸市で開かれた「夜景サミット2015」(夜景観光コンベンション・ビューロー)において、全国にいる夜景鑑賞士が投票により、すばらしい夜景上位3位が決まりました。順位は3位神戸市、2位札幌市、そして堂々1位に輝いたのが長崎市の夜景。そこで今回は、もっとも素晴らしい夜景と賞された長崎市の中でも、特に夜景が美しい観光スポット3選をお届けしたいと思います。

■稲佐山(いなさやま)

稲佐山は、長崎市内にある標高333mの山で、車、登山、ロープウェイで山頂へ行くことができます。山頂の展望台からは、大パノラマ絶景!澄んだ空気に彩られる夜景は、思わず息をするのも忘れてしまう美しさ。納得の日本一の夜景を望むことができます。
展望台営業時間:8:00~22:00
【住所】長崎市稲佐町

■鍋冠山(なべかんむりやま)

鍋冠山は、同じく長崎市内に位置し、地元では「なべかぶりやま」と呼ばれ親しまれています。標高169mの山で、グラバー園の第2ゲートから徒歩10分。2016年にリニューアルされた鍋冠山公園内にある展望台は、4倍に拡大され、長崎港、軍艦島、旧グラバー住宅など、有名な観光名所を一望できます。稲佐山より低いため、絶景が目の前に!絶好の観光スポットとなっています。展望台は無料。夜も照明が灯され夜景を安全に楽しむことができます。
【住所】長崎市出雲2-144-1

■大浦展望公園(おおうらてんぼうこうえん)

大浦展望公園は、長崎市東山手の坂の上に位置します。街の中に作られた「グラバースカイロード」と呼ばれる垂直エレベーターを使うとあっという間に展望公園へ到着します。小さな公園で観光客が少なく穴場の夜景スポットです。
【住所】長崎市相生町16

■まとめ

何度も夜景スポットに入賞する長崎市の夜景は、春夏秋冬絶景を楽しませてくれます。冬は澄んだ空気で特に夜景がキラキラと見える季節。ちょっと厚着をして日本一の夜景をお楽しみください。

関連記事

  1. 北海道でパウダースノー!一度は滑りたい憧れのスキー場はどこ?

  2. 予約は未定...”旅”を楽しむ石垣島の過ごし方

  3. 温泉から歴史遺産まで!以外と知られていない佐賀県の魅力的な観光地3選

  4. 迷ったらこれ!地域別定番お土産ランキング近畿編

  5. 旅にどっぷりハマった筆者が選ぶ、旅ガジェット5選

  6. 食と言えば名古屋!出張や観光で訪れたら食べたい名古屋メシの名店をご紹介

  7. 国内のオリンピックゆかりの地を巡って、2020年大会を10倍楽しもう!!

  8. 北海道(新千歳)から東京(成田)まで最安値の飛行機で行くと高級焼肉が食べられるくらいお得?!

  9. 知ってると絶対オトク!沖縄美ら海水族館の「黒潮の海」大水槽を3倍楽しむ方法

RANKING

PAGE TOP